キャピタルロスとは?
   証券会社比較 得するネット証券の選び方 証券会社比較 得するネット証券の選び方 運営スタッフ紹介 証券会社比較 得するネット証券の選び方 サイトマップ


   証券会社比較 得するネット証券の選び方 > 株式用語辞典 > キャピタルロスとは?

キャピタルロス とは?

キャピタルロスとは、株を売買した時に発生した損のことをいいます。簡単に言うと、株を購入した時の値段より、安い金額で売却した時に出た損です。


例えば、楽天の株を5万円で購入しましたが、後になって、4万5千円まで株価が下がってしまったので、しぶしぶ4万5千円で売却したとします。

このときに損をした5千円が、キャピタルロスになります。


ちなみに、キャピタルロスは、あくまで売買が成立、つまり、損が確定した時に発生するものなので、まだ現時点で売却していない株の損は、含み損(ふくみぞん) と呼びます。



逆に購入した時よりも、低い値段で売ることを『キャピタルゲイン』と言います。


前へ:キャピタルゲイン 次へ:逆日歩 (ぎゃくひぶ)


ネット証券を選びの知識

ネット証券を徹底解説


ネットバンクの勧め


株の買い方・売り方


株式投資にかかる税金


ミニ株式入門


株主優待と株主配当


外国株式入門


用語の意味を知って儲ける


お勧めサイト一覧


当サイトについて
Copyright(C) 2017 証券会社比較 得するネット証券の選び方 All rights reserved.