証券会社比較 得するネット証券の選び方 証券会社比較 得するネット証券の選び方 運営スタッフ紹介 証券会社比較 得するネット証券の選び方 サイトマップ


   証券会社比較 得するネット証券の選び方 > そしあす証券

そしあす証券


そしあす証券(トレジャーネット)は、むさし証券と合併しました。

最新のむさし証券トレジャーネットに関する特徴や売買手数料、お勧めの活用方法などについては、むさし証券(トレジャーネット)の解説ページにて紹介しています。


そしあす証券「トレジャーネット」 そしあす証券現:むさし証券

そしあす証券のインターネット取引「トレジャーネット」は、株式の売買代金が300万円以下であれば、売買手数料が一律462円であるという驚きの料金体系になっています。


証券会社の手数料比較のページを見て頂ければ分かるように、この手数料は業界最低水準の安さです。


300万円以下の売買を行うことが多い方はもちろんのこと、売買手数料の節約のために、ぜひ口座開設をしておきたい証券会社です。




そしあす証券の株式売買手数料 [定率プラン]

売買代金合計額 成行注文 指値注文 信用取引
50万円 231円 231円 231円
100万円 462円 462円 462円
200万円 462円 462円 462円
300万円 462円 462円 462円
600万円 924円 924円 924円
900万円 1,386円 1,386円 1,386円
コメント そしあす証券は上で説明したように、約定代金300万円までは、売買手数料が462円と破格の手数料です。

また、約定代金が300万円を超えた場合も、他の証券会社と比較してかなりの割安な手数料です。手数料については、また下の方で説明します。

なお、手数料プランは日単位で自由に変更できます。



そしあす証券の株式売買手数料 [1日定額制のコース]

売買代金合計額 成行注文 指値注文 信用取引
300万円以下 1,260円 1,260円 1,260円
600万円以下 2,520円 2,520円 2,520円
900万円以下 3,780円 3,780円 3,780円
1200万円以下 5,040円 5,040円 5,040円
コメント 約定代金1200万円以降は、約定代金が300万円増えるごとに、1,260円が手数料に加算されていきます。

なお、手数料プランは日単位で自由に変更できます。



そしあす証券の取扱銘柄、提供機能、情報一覧

国内株式 ポイント制 ×
米国株式 × 立会外分売 ×
中国株式 × 夜間取引 ×
その他の国の株式 × 信用取引
ミニ株式 × イブニングセッション ×
単元未満株 ポートフォリオ ×
IPO(新規公開株) スクリーニング ×
外国為替(FX) × 気配情報(板) ×
投資信託 無料テクニカルチャート ×
カバードワラント × 有料テクニカルチャート ×
先物・オプション × 携帯電話 NTTドコモ
ソフトバンク
(旧ボーダフォン)
au



そしあす証券を徹底解説



そしあす証券は手数料がとにかく安い!

上の方で何度か書きましたが、そしあす証券の最大の特徴は、株式の売買手数料の安さにあります。約定代金300万円以下は、株式の売買手数料が462円、さらに50万円以下なら231円という格安ぶりです。


また、約定代金が300万円を超えた場合も、下記の手数料体系を見て頂ければ分かるように、業界最低水準の手数料となっています。




そしあす証券の株式 売買手数料




証券会社の手数料比較のページを見て頂ければ分かるように、約定代金が600万円以下であれば、そしあす証券が一番格安の手数料となっています。


株式の売買手数料は、取引の際に必ずかかってくるものですから、そしあす証券を利用して、できるだけ手数料を節約することをお勧めします。




そしあす証券の一日定額手数料

そしあす証券は、通常コースの手数料も安いですが、一日定額コースの手数料も他の証券会社と比較して割安となっています。




そしあす証券の一日定額手数料




証券会社の一日定額手数料比較を見て頂けると分かるのですが、そしあす証券の一日定額手数料は、1日の約定代金が300万円以上であれば、どの証券会社よりも安い手数料となっています。


ですから、通常の取引コースと同様に、現在、他の証券会社の一日定額コースをご利用されている方も、1日の約定代金が300万円以上であれば、そしあす証券に乗り換えれば手数料の節約が可能です。




そしあす証券の評価

そしあす証券は、無料で利用できる情報やツールは充実していません。ですが、その代わりに手数料については、他の証券会社にはかなわない格安手数料を実現しています。


ですから、現在、他の証券会社を利用している方は、そしあす証券に乗り換えることで、株式の売買手数料をかなり節約することが可能です。



また、これから株式投資を始めようという方も、株式の売買専用の証券会社として、そしあす証券に無料口座開設をしておくのは賢い選択だと思います。


例えば、様々な投資情報や、スクリーニングやリアルタイム自動更新株価ボードなどはマネックス証券を利用して、株式の売買は格安手数料のそしあす証券を利用すれば、かなり効率の良い取引ができると思います。



お金をかけずに投資情報や役立つ投資ツールを利用し、どしてもお金がかかってしまう株の取引は、手数料が業界最低水準のそしあす証券を使うようにする。


実際に兄さんも株式投資の取引にそしあす証券を使っていますが、これがお勧めプランですね(*^^*)。



繰り返しになりますが、そしあす証券は投資情報やツールについては充実していませんが、売買手数料の安さについては最強です。ですので、手数料の節約のためにぜひ口座を持っておきたい証券会社です。




そしあす証券(現むさし証券)の無料口座開設は、コチラからできます。





ネット証券を選びの知識

ネット証券を徹底解説


ネットバンクの勧め


株の買い方・売り方


株式投資にかかる税金


ミニ株式入門


株主優待と株主配当


外国株式入門


用語の意味を知って儲ける


お勧めサイト一覧


当サイトについて
Copyright(C) 2016 証券会社比較 得するネット証券の選び方 All rights reserved.