証券会社比較 得するネット証券の選び方 証券会社比較 得するネット証券の選び方 運営スタッフ紹介 証券会社比較 得するネット証券の選び方 サイトマップ


   証券会社比較 得するネット証券の選び方 > ミニ株式入門-ミニ株とは?-

ミニ株式入門-ミニ株とは?-


ミニ株とは?

普通、証券会社で売買ができる株式は、まとまった単位でしか取引ができないようになっています。


例えば、ソフトバンクなら100株単位でしか取引ができません。しかし、株式投資には”ミニ株投資”というものがあります。



このミニ株なら、株を売買単元の10分の1から取引できるようになっています。これはオフィシャルな制度ではなく、証券会社が独自に開発・提供しているサービスです。


ですから、”ミニ株ができる証券会社と、できない証券会社が存在する”のです。



ミニ株は”翌日の寄り付きの値段で取引される”ので、指値での注文はできません。追加で購入して単位株数に達した場合は、通常の単位株と同じ扱いになります。


なお、配当金や株式分割などは、持株数に応じて配分されるようになっています。



株主優待については、証券会社が、その株主優待が換金できるものなら換金して株主に分配し、換金できないものなら抽選にしてプレゼントにする場合が多くなっています。


ただし、先ほども少し言いましたが、ミニ株は、証券会社によっては取り扱いがない、また取り扱い銘柄数が少ない場合もあります。



ですから、証券会社が自分が欲しい優待を扱っている企業のミニ株を取扱っているかどうか、予めチェックしておく事が大切です。


兄さん自身、まだ資金が少ないときには、ミニ株を結構使いました。やっぱり、『普通の10分の1の資金で株が買える』っていうのは嬉しいですよね♪




ミニ株で買えない株式

実は、ミニ株式では購入できない株もあります。その代表的な例が、1株単位で売買されている株式です。


例えば、Yahoo!Japanの株式がそうです。ヤフー株は、1株単位でしか購入できないので、『じゃあ、このヤフー株の1株をさらに割って、0.1株だけ購入する』なんていう取引はできないようになっています。



同様に制度面では、保振(ほふり)制度に非同意の上場企業の株式も、ミニ株で売買することはできません。


保振制度とは、株を売買した際に直接実物の株券をやりとりしなくても済む便利な制度で、ほとんどの企業が同意しています。



以上の2タイプの銘柄は、ミニ株を扱うどの証券会社でも共通していることです。何か、『銘柄をミニ株で買いたいな〜』と思ったら、まず、上に書いた条件に該当しないかどうかを確認してからにしましょう!




ミニ株投資で気を付けること!

インターネットでミニ株ができる証券会社は、数が限られています。ミニ株を取扱っている証券会社を見つけたら、まず注目したいのは、ミニ株の取扱い銘柄数です。


いくつかの証券会社が挙げている約2550銘柄というのは、日本の証券取引所とジャスダック(店頭)市場に上場している銘柄から、制度的にミニ株で買えない一部の銘柄を除いたほぼ全銘柄当たります。



これを基準に、『有名な銘柄が買えればOKなのか』、『超マイナー銘柄も買いたいのか』、といったニーズに合わせて、利用するミニ株が取引できる証券会社を選びましょう!


料金面では、まず手数料を考えます。『自分が何円くらいの株を売買する事が多いのか』に合わせて考えると良いでしょう。



次に口座維持手数料などの年間固定費用です。ほとんどのネット証券会社では無料となっていますが、野村證券など、一部の大手証券会社では口座維持手数料が必要になります。


取引回数や金額が多い方でしたら、手数料はさほど問題ではないと思いますが、逆に、たとえば”年1回、10万だけ買って保有し続ける”といった投資スタイルなら、数千円の手数料も馬鹿にならないので、気をつけた方が良いでしょうね(;^_^A。



参考 : ミニ株投資のきほん
    : ミニ株と普通株の違いとは?
    : ミニ株の投資ができる証券会社一覧

    : 単元未満株とは?ミニ株とは違う小額取引の特徴
    : 単元未満株の取引ができる証券会社




ネット証券を選びの知識

ネット証券を徹底解説


ネットバンクの勧め


株の買い方・売り方


株式投資にかかる税金


ミニ株式入門


株主優待と株主配当


用語の意味を知って儲ける


お勧めサイト一覧


当サイトについて
Copyright(C) 2016 証券会社比較 得するネット証券の選び方 All rights reserved.