証券会社比較 得するネット証券の選び方 証券会社比較 得するネット証券の選び方 運営スタッフ紹介 証券会社比較 得するネット証券の選び方 サイトマップ


   証券会社比較 得するネット証券の選び方 > 松井証券

松井証券


松井証券の解説ページです。証券会社の中でも運営年数が長い、松井証券の特徴やメリット、インターネットでのオンライントレードサービスなどを紹介していきます。


また、松井証券は、ほかのページで解説している証券会社と同じく、口座開設手数料&口座管理料無料で利用できます。


松井証券 松井証券

松井証券は、大正7年に創業した歴史ある証券会社です。取引手数料は、下記の料金体系を見て頂ければ分かるように、通常の取引手数料が他の証券会社に比べて少し割高になっています。



ただし、松井証券には株式取引の『1日の約定代金の合計:10万円以下は、売買手数料が無料』という特典や、無期限信用取引の『日計り取引の片道手数料無料』といったお得な特典があります。




松井証券の株式売買手数料(税別) [一日定額コース]

売買代金合計額 成行注文 指値注文 信用取引
10万円以下 無料 無料
〜30万円 300円 300円
〜50万円 500円 500円
〜100万円 1,000円 1,000円
〜200万円 2,000円 2,000円
〜1000万円 100万円増えるごとに、+1,000円 100万円増えるごとに、+1,000円
1億円超 100,000円(上限) 100,000円(上限)
コメント
松井証券では、1日の約定代金の合計:10万円以下は、売買手数料が無料とお得です。


また、無期限信用取引で1日のうちに同一銘柄を売り買いした場合、約定代金合計の片道分も無料になります。




松井証券の取扱銘柄、提供機能、情報一覧

国内株式 ポイント制 ×
米国株式 × 立会外分売
中国株式 × 夜間取引 ×
その他の国の株式 × 信用取引
ミニ株式 × ナイト・セッション
単元未満株 ポートフォリオ
IPO(新規公開株) スクリーニング
外国為替(FX) 気配情報(板)
投資信託 × 無料テクニカルチャート
カバードワラント × 有料テクニカルチャート 3,000円(税別)
/1ヶ月
先物・オプション 携帯電話 docomo
ソフトバンク
au



松井証券を徹底解説



松井証券の特徴

松井証券は、無期限信用取引に力を入れている証券会社です。


また、株式投資の売買手数料は、1日の約定代金の合計:10万円以下は、売買手数料が無料であったり、無期限信用取引においては、日計り取引の片道手数料が無料など、使い方によってはかなりメリットの大きいネット証券となっています。




松井証券では、あの有料サービス『QUICKリサーチネット』が無料!

QUICK(クイック)リサーチネットとは、株式会社QUICK社が提供している企業情報やアナリストレポートなどを閲覧できるサービスです。



QUICKリサーチネットの中には、個別銘柄レポートやIPO(新規公開株)についてのレポートや株主優待の情報などもあり、株式投資をする上でとても役立つ情報源の一つです。



兄さんもよく、松井証券のQUICKリサーチネットを利用していますが、QUICKのレポートはかなり詳細に書かれていて、企業調査をする際に重宝しています



例えば、レポート内には各企業のリスク要因が書かれている場合が多いのですが、専門的な視点から、その企業に関わる色々な将来リスクを記載してくれているので、投資の参考としてとても役に立ちます。



松井証券では、口座開設をしているだけでQUICKリサーチネットが完全無料で使えるので、ぜひ口座を開設しておきたいところです。




松井証券は自動更新株価ボードが無料!

自動更新株価ボードとは、株価を自動で更新してくれるボードのことです。



株価は常に動くものですから、自分が欲しい銘柄や持っている銘柄の”今その瞬間”の株価を見るには、自分で手動で株価ボードを更新するか、それとも、自動株価更新機能が付いた株価ボードを利用するかのどちらかしかありません。



でも、手動で株価を更新するのって、かなり面倒なんですよね。例えば、兄さんは経験があるのですが、株式市場が開いている午前9:00〜午後15:00まで、更新ボタンを手動で押し続けることは、かなりの労力を必要とします。




ですから、できるなら自動更新機能が付いた株価ボードを使いたいところですが、ほとんどの証券会社では、自動更新株価ボードは有料サービスか、もしくは条件付無料サービスとなっていて、完全無料で使えるところはほとんどありません。



完全無料で自動更新株価ボードが使える証券会社は、マネックス証券松井証券のみとなっています。



ですから、自動更新株価ボードが使いたければ、マネックス証券か松井証券の口座はぜひ開設しておきましょう。

参考:松井証券のリアルタイム自動更新株価ボード



松井証券の高性能テクニカル分析ツール『ディーリングブラウザ』

松井証券では、『ディーリングブラウザ』という高機能テクニカル分析ツールが用意されています。ディーリングブラウザは、通常1ヶ月:3,000円(税別)の利用料が必要になりますが、長期契約をすると料金は8.3%割引されます。



松井証券のディーリングブラウザには、過去10年以上の日・週・月・年足のチャートを備えていて、過去のニュースが株価にどう影響したかの検証ができたり、自分が指定していた銘柄の株価や指数に動きがあるたびに、音声で読み上げてくれると言う機能があります。




また、表示設定の自由度も高いので初心者にも使いやすくなっています。ディーリングブラウザの銘柄リストには、最大100銘柄が表示できるようになっていて、指定した銘柄の前日比・4本値・出来高をリアルタイムに表示してくれます。




1日の約定代金の合計:10万円以下は、売買手数料が無料

上の方で少し書きましたが、松井証券では、1日の約定代金の合計:10万円以下は、売買手数料が無料となっています。株の売買をしても、料金がタダなんです!



ネット証券の手数料値下げ合戦が始まったのは、もう数年前のことになりますが、『ついにここまで来たか…』という感じです(笑)。少額取引用に、とりあえず無料口座開設しておくことをオススメします。




松井証券の無期限信用取引は、日計り取引(デイトレード)が片道無料!

松井証券では、無期限信用取引の日計り取引(デイトレード)が片道無料となっています。



通常、株を購入するときには、買う時と売る時、2回手数料が必要になるのですが、松井証券で無期限信用取引を行う場合は、この片方の料金が無料になります。



”チリも積れば山になる”ではないですが、株の売買を何度も繰り返していると、必要になってくる売買手数料もバカにならない金額になります。



それを考えると、この日計り取引が片道無料というのはとても嬉しい特典ですよね。デイトレーダーや1日の間に何度も売買を繰り返す方には、特におすすめです。




松井証券では振込手数料が無料!

松井証券では、下記の金融機関からの入金が手数料無料で行えるようになっています。


24時間365日いつでもリアルタイムに入金が可能ですので、チャンスを逃すという危険がありません。



ジャパンネット銀行
ソニー銀行
住信SBIネット銀行
楽天銀行(旧イーバンク銀行)

スルガ銀行
みずほ銀行
東京三菱UFJ銀行
三井住友銀行

ゆうちょ銀行
じぶん銀行
セブン銀行

りそな銀行、埼玉りそな銀行
・ 近畿大阪銀行
・ 京都銀行




松井証券の評価

松井証券は普通取引の手数料は少し高いですが、口座開設をしただけで『QUICK社の企業分析・アナリストレポート』、『いろいろな条件で銘柄検索が可能な”スクリーニング機能”』『200銘柄が登録できる”自動更新の株価ボード』などの便利なサービスが無料で利用できます。



また、テクニカル分析に便利なディーリングブラウザ(有料)が使えたり、無期限信用取引も利用できますので、短期投資やデイトレードで儲けたいと思っている方や、株式投資の情報を無料で得たいという人に特にオススメです!




松井証券の無料口座開設、無料資料請求はコチラからできます。




参考 : 松井証券、貸し株・預株制度のメリット・デメリット
    : 1日の約定代金の合計:10万円以下は、売買手数料が無料の証券会社




ネット証券を選びの知識

ネット証券を徹底解説


ネットバンクの勧め


株の買い方・売り方


株式投資にかかる税金


ミニ株式入門


株主優待と株主配当


外国株式入門


用語の意味を知って儲ける


お勧めサイト一覧


当サイトについて
Copyright(C) 2016 証券会社比較 得するネット証券の選び方 All rights reserved.