証券会社比較 得するネット証券の選び方 証券会社比較 得するネット証券の選び方 運営スタッフ紹介 証券会社比較 得するネット証券の選び方 サイトマップ


   証券会社比較 得するネット証券の選び方 > カブドットコム証券(kabu.com)

カブドットコム証券


カブドットコム証券の解説ページです。カブドットコム証券の特徴やメリット、売買手数料やおすすめの投資支援ツール等を紹介していきます。

また、カブドットコム証券は、ほかの証券会社と同じく、口座開設手数料および口座管理料は無料で利用できます。


カブドットコム証券 カブドットコム証券

カブドットコム証券(kabu.com)では、高速で約定する東証次世代売買システム「アローヘッド」に完全対応した、独自の株式売買システムが無料で利用できます。

カブドットコム証券は、もともと様々な特殊注文に対応していますが、高速システムを導入したことで、指値などもスピード約定されます。


特殊注文を活用すれば、なかなかできない損切りや利食いも、自分の意思を挟むことなく自動で(機械的に)株を売買できるようになります。

ほかにも、カブドットコム証券は無料投資支援ツールが充実しており、気になる銘柄のIR情報も無料で配信してくれるなど、他の証券会社では扱っていないサービスがたくさんあります。



カブドットコム証券には内出来が複数日におよぶ場合、一注文として計算する“内出来注文の手数料”という制度があり、仮に複数単元の約定が複数日に及んでも手数料は初回分しかかからない仕組みになっています。





カブドットコム証券の株式売買手数料(税別)

売買代金合計額 成行注文 指値注文 信用取引
10万円以下 90円 99円
20万円以下 180円 179円
30万円以下 250円 249円
40万円以下 349円
50万円以下 449円
60万円以下 990円 539円
70万円以下 629円
80万円以下 719円
100万円以下 760円
200万円以下 1,890円 940円
500万円以下 3,690円(上限) 1,100円
500万円超 1,200円
(500万円超)
コメント
カブドットコム証券の信用取引は、前営業日の建玉残高または新規建て約定代金が6,000万円以上になると、当日の売買手数料が無料(0円)になります。


その他、カブドットコム証券では、信用取引以外にも売買手数料が割引になる、お得な割引サービスもあります。


※指値には自動売買注文(逆指値 / W指値 / ±指値 / Uターン注文 / リレー注文)も含みます。




カブドットコム証券の内出来注文の手数料


1つの注文を出して、その約定が複数日にまたがることを内出来といいますが、他の証券会社で、内出来が発生した場合、各々の日付ごとに単独の注文・約定として手数料が必要となるので、かなりの取引手数料が差し引かれることがあります。


しかし、カブドットコム証券の内出来注文ならば、初めに複数単元で発注した一つの注文として手数料を計算しますので、約定が複数日にまたがっても手数料が変わりません。



例 : 月曜日に楽天を10株の売却注文を出した場合(注文の有効期限は1週間。1株60,000円の場合。)

   月曜日:1株売却⇒手数料500円
   火曜日:2株売却⇒手数料500円
   水曜日:1株売却⇒手数料500円
   木曜日:4株売却⇒手数料1,050円
   金曜日:2株売却⇒手数料500円



他社の場合、この1取引の手数料の合計:3,050円
カブドットコム証券の内出来注文なら、990円



カブドットコム証券の取扱銘柄、提供機能、情報一覧

国内株式 ポイント制 ×
米国株式 × 立会外分売 ×
中国株式 × 夜間取引 ×
その他の国の株式 × 信用取引
ミニ株式 × イブニングセッション
単元未満株 ポートフォリオ
IPO(新規公開株) スクリーニング
外国為替(FX) 気配情報(板)
投資信託 無料テクニカルチャート
カバードワラント 有料テクニカルチャート 月額900円
先物・オプション 携帯電話 docomo
ソフトバンク
(旧ボーダフォン)
au



カブドットコム証券を徹底解説



カブドットコム証券の最大の特徴は、マネックス証券と並んで多彩な条件付注文が出せることだと思います。まず、逆指値やダブル指値といった条件付注文が利用できるので、株の利食いや損切りを自動的に行うことが可能です。


つまり、”自分の弱い意思で失敗してしまう、という可能性を無くす”ことができるのです。



『もうちょっと待ってれば、もっと上がるんじゃないか…』『もう少し待っていれば、株価が反転して、上昇し始めるんじゃないだろうか…』と考えて、結局少ししか儲けられなかったり、損が拡大した経験を持つ人は、兄さんだけではないはずですf(^_^;。


”◯◯円になったら利食い”とか、”◯◯円になったら損切り”とか考えていても、どこかで甘い期待を抱いてしまって、結局、その誘惑に負けちゃうんですよね(笑)。



しかし、カブドットコム証券の条件付注文を利用すれば、もう本当に機械的に取引をすることができるようになるので、自分の弱い意志や甘い期待によって損をしたり、欲張りすぎて儲けるチャンスを逃したりすることはありません。




カブドットコム証券の特殊注文

カブドットコム証券では、マネックス証券と並んで、逆指値 / W指値 / ±指値 / Uターン注文 / リレー注文などといった、条件付の特殊注文を出すことができます。


これらの特殊注文を利用すれば、”株価が◯◯円になったら損切り、◯◯円になったら利食い、◯◯円まで下がったら購入”などといった自動注文ができるようになるので、デイトレードや兄さんのように意思が弱くて損切りできない人に最適です(笑)。



最初に条件を入力すれば、後はカブドットコム証券のシステムが自動的にその条件にしたがって株の売買を行ってくれます。




無料で使えるリアルタイム株価ボード

カブドットコム証券には、リアルタイム株価自動更新サービス「カブボードフラッシュ」 があります。ほとんどの他の証券会社は、リアルタイム株価更新サービスが有料なので、これが無料なのはとても嬉しいメリットです。


最大90銘柄(18銘柄×5ページ)が登録でき、各銘柄の歩み値や8本気配、売買代金にVWAPなどの情報がパソコンの画面上に、リアルタイムで更新・表示されます。




カブドットコム証券のkabuステーション

kabuステーションとは、登録できる銘柄数は2,000(50銘柄×40シート)という国内最大級の高機能テクニカルツールです。


もちろん、登録できる銘柄数が多いというだけがkabuステーションの魅力ではなく、板情報やリアルタイム配信の速報ニュース、チャートなどを自由に配置・カスタマイズできとても使いやすくなっています。



利用料は月額900円(税別)となっていますが、信用取引口座を開設していれば完全無料で利用できます。


< kabuステーションの無料利用条件 >

・ 前月の約定回数が、1回以上の場合
・ 申込日の前営業日の預かり資産が、100万円以上の場合
・ 前月に、信用取引、先物オプション取引、大証FX、店頭FXのいずれかの口座を新たに開設した場合




なお、はじめてkabuステーションを申込みすると、申込日の翌々月第1営業日まで、無料で利用することができるので、テクニカル投資やデイトレードに興味がある方は、とりあえず、体験だけでもしておいて損はないと思います。


あと、カブドットコムメンバーページにログインすると、kabuステーションの活用ガイドが無料請求(またはPDFでダウンロード)できます。




カブドットコム証券のプチ株投資

カブドットコム証券には、株式ミニ投資(ミニ株)の取り扱いはありませんが、プチ株の取り扱いがあります。プチ株にはミニ株にはない様々なメリットがある株式投資です。


ミニ株は、売買単位株の10分の1の株数から投資する小額投資制度です。売買単位が1,000株の銘柄であれば、100株から投資できるということですね。ただし、ミニ株は投資家本人名義ではなく証券会社名義となるので、正確には株式投資ではないのです。



それに対してプチ株は、単元未満の最小単位である1株の整数倍での売買が可能で、投資家本人名義なので株式投資となります。つまり、1株からでも株式になれるんです。



プチ株取引



プチ株の手数料についてですが、上の表にはないのでここで示しておきますね。

プチ株の手数料は、約定代金2万円までが100円(税別)、以降約定代金が1万円増加するごとに、+67円(税別)が加算されます。




カブドットコム証券は投資情報が豊富!

カブドットコム証券では、無料口座を開設しているだけで、さまざまな投資情報が無料で見れるようになります。しかもほとんどの情報がリアルタイムで配信されますので、常に最新状態でチェックできます。


中には、QUICK社の市況情報が載った投資ニュースや、株式新聞社のIPO関連情報や個別銘柄の速報ニュースなど、株式投資をする上でとても役立つ情報源がたくさんあります。



また、カブドットコム証券は、三菱東京UFJ銀行と同じグループ企業ですので、「三菱UFJモルガン・スタンレー証券レポート」や、「三菱UFJR&Cレポート」、「三菱経済研究所レポート」といった、貴重な投資情報も見ることができます。


こういった本来なら有料、もしくは限られた関係者でなければ見れないような情報が、カブドットコム証券の口座を持っておくだけで見れるようになります。



利用料や閲覧料はかかりませんので、とても便利な特典だと思います。




カブドットコム証券のお得な割引制度

カブドットコム証券には、通常の売買手数料に加えて、お得な割引制度が設けられています。

この割引制度を利用すれば、現物取引ならば最大50%割引、投資信託の場合は1回無料になりますので、ぜひ活用したい特典の一つです。


1.シニア割引
50歳以上の方は、通常の現物株式の売買手数料から、さらに2%割引、60歳以上の方は、4%割引された金額で取引できます。


2.株主推進割引
これからカブドットコム証券の株主となる人への割引制度です。カブドットコム証券の現物株式の買付手数料が通常の半額となります。

要するに、カブドットコム証券を利用して、カブドットコム証券株を買う時には、買付手数料が半額になるということです♪


3.株主優待割引
カブドットコム証券株式の保有株数と保有期間に応じて、カブドットコム証券の現物株式取引の手数料が最大15%まで割引になります。


4.NISA割
カブドットコム証券にNISA口座を持っていると、現物株式の売買手数料が最大5%割引になります。


5.女子割
女性の口座開設者は、現物株式の売買手数料が一律1%割引になります。




カブドットコム証券の評価

カブドットコム証券は、まず手数料的に見ると、内出来注文の手数料のことがありますので、ある程度資金が大きい人向きだと思います。


株への投資資金が大きくなると、買い注文や売り注文が1日では完了しないことが良く起こりますから、注文が複数日にまたがってしまうと、その注文にかかる手数料もバカになりませんからね(;^_^A。



そういう時に、カブドットコム証券の内出来注文は、売買手数料の節約にかなり貢献してくれると思います。


サービス面では、逆指値 / W指値 / ±指値 / Uターン注文 / リレー注文といった条件付注文が使えることや、高機能テクニカル分析ツール”kabuステーション”、無料のリアルタイム株価更新ツール"カブボードフラッシュ"などが使えることを考えると、短期投資(デイトレード)のトレーダーにも向いています。



kabuステーションでは、板情報やリアルタイム配信の速報ニュース、チャートがリアルタイムで更新されるので、情報を見て、すぐに売買行動を起こすことも可能です。デイトレードで大切なスピードに大きくプラスに働いてくれます。


また、上記の条件付注文を利用すれば、自分の意思を挟むことなく、機械的に売買(自動売買)することも可能なので、この面から考えると、損切りが苦手な方や初心者の方にもお勧めです。



要するに、カブドットコム証券は初心者〜上級者まで使える、バランスが取れた証券会社ということですね(*^^*)。




カブドットコム証券の無料資料請求、無料口座開設はコチラから。


参考 : カブドットコム証券の家族・お友達紹介制度 錬金術







ネット証券を選びの知識

ネット証券を徹底解説


ネットバンクの勧め


株の買い方・売り方


株式投資にかかる税金


ミニ株式入門


株主優待と株主配当


外国株式入門


用語の意味を知って儲ける


お勧めサイト一覧


当サイトについて
Copyright(C) 2016 証券会社比較 得するネット証券の選び方 All rights reserved.