証券会社比較 得するネット証券の選び方 証券会社比較 得するネット証券の選び方 運営スタッフ紹介 証券会社比較 得するネット証券の選び方 サイトマップ


   証券会社比較 得するネット証券の選び方 > 岩井証券

岩井証券


岩井証券の解説ページです。岩井証券の売買手数料やトレードツールの特徴、キャンペーン等のサービス情報を紹介していきます。

また、岩井証券は、ほかのページで紹介している証券会社と同じく、口座管理料がかかりませんので、無料で口座開設できます。


岩井証券 岩井証券

岩井証券では、1日の合計約定金額に応じて売買手数料がかかる定額方式が一般的で、最低84円〜からと手数料の安さでは業界最低水準を実現しています。

また、同日に往復取引を行う日計り取引の場合は、片道分の売買手数料が無料になりますので、短期売買やデイトレードにお勧めです。


そのほか、リアルタイム自動更新株価ボードが無料で利用できるなど、サービス面でもメリットが多く、自信を持ってお勧めできる証券会社の一つです。




岩井証券の株式売買手数料 [スタンダードコース(1約定ごと)]

売買代金合計額 成行注文 指値注文 信用取引
〜50万円 1,050円 1,575円 1,050円
〜500万円 1,050円 1,575円 1,575円
〜1000万円 1,575円 2,100円 2,625円
コメント 1約定ごとに手数料がかかるコースです。

約定代金1000万円以降は、約定代金が500万円増えるごとに、525円が加算されます。


例:約定代金1500万円の場合、1000万円までの手数料が1,575円なので、これに525円をプラスした2,100円の手数料となります。



岩井証券の株式売買手数料 [アクティブコース(1日定額)]

売買代金合計額 成行注文 指値注文 信用取引
〜10万円 84円 84円 84円
〜20万円 168円 168円 168円
〜30万円 252円 252円 252円
〜40万円 336円 336円 336円
〜50万円 420円 420円 420円
〜100万円 840円 840円 840円
〜200万円 1,680円 1,680円 1,680円
〜300万円 2,520円 1,520円 1,520円
〜400万円 3,360円 3,360円 3,360円
コメント アクティブコースは、1日の合計約定代金の範囲内であれば、何度でも一定額で取引ができます。

例えば、1日の間に楽天やその他の株を取引したとして、その購入(売却)代金が50万円以下だったなら、1日に420円の手数料しかかかりません。取引回数の多い方にお勧めなプランです。


1日の約定代金が100万円未満の場合は、約定代金が10万円増えるごとに、84円が加算されていくという料金体系です。

例:約定代金60万円の場合、50万円までの手数料が420円なので、これに84円をプラスした504円の手数料となります。



そして、1日の約定代金が100万円以上になると、約定代金が100万円増えるごとに、840円の手数料が加算されます。

例:約定代金が500万円の場合、400万円までの手数料が3,360円なので、これに840円をプラスした4,200円の手数料となります。



岩井証券の取扱銘柄、提供機能、情報一覧

国内株式 ポイント制 ×
米国株式 × 立会外分売
中国株式 夜間取引 ×
その他の国の株式
(ベトナム株)
信用取引
ミニ株式 × イブニングセッション
単元未満株 ポートフォリオ
IPO(新規公開株) スクリーニング
外国為替(FX) 気配情報(板)
投資信託 無料テクニカルチャート
カバードワラント × 有料テクニカルチャート
先物・オプション 携帯電話 docomo
ソフトバンク
(旧ボーダフォン)
au



岩井証券を徹底解説



岩井証券は小額取引にお勧め!

岩井証券の売買手数料には、1日の取引金額の合計に応じて売買手数料が決まるアクティブコース(完全定額制)と、1取引ごとに売買手数料がかかるスタンダードコースの2種類があります。


1取引ごとに手数料がかかるスタンダードコースの料金は、ごく普通の証券会社と同程度の金額ですが、完全定額制のアクティブコースの方は、全体的に売買コストが安いインターネット証券の中でも上位ランクに入ります。



特に、1日の取引金額の合計が20万円以下の場合は、売買手数料はわずか168円しかかかりませんので、小額取引にはとてもお勧めです。

20万円を超えた場合も、1日の取引金額が合計100万円以下ならば、手数料は1,000円以下ですので、売買コストがかなり節約できます。




なお、岩井証券の売買手数料には、もう一つメリットがあります。それは、デイトレードの場合、片道分の売買手数料が無料になるところです。

完全定額制のアクティブコースを利用している場合は、片道分が1日の合計金額に加算されませんので、仮に、20万円の往復取引を行った場合は、10万円分の売買手数料しかかかりません。


(例)
新規(買い)取引 ⇒ 10万円
決済(売り)取引 ⇒ 10万円 ・・・本来ならば取引金額は20万円となる


岩井証券では、同一銘柄・同日売買ならば、片道分の取引金額がカウントされないため、


新規(買い)取引 ⇒ 10万円
決済(売り)取引 ⇒ 10万円 ・・・取引金額は10万円と計算される


したがって、売買手数料も安くなります。




岩井証券のリアルタイム自動更新株価ボード

価自動更新ボードとは、株価を自動で更新してくれるボードのことです。


株価は常に動くものですから、自分が欲しい銘柄や持っている銘柄の”今その瞬間”の株価を見るには、自分で手動で株価ボードを更新するか、それとも、自動株価更新機能が付いた株価ボードを利用するかのどちらかしかありません。



でも、手動で株価を更新するのって、かなり面倒なんですよね。例えば、兄さんは経験があるのですが、株式市場が開いている午前9:00〜午後15:00まで、更新ボタンを手動で押し続けることは、かなりの労力を必要とします。


ですから、できるなら自動更新機能が付いた株価ボードを使いたいところですが、ほとんどの証券会社では、自動更新株価ボードは有料サービスか、もしくは条件付無料サービスとなっていて、完全無料で使えるところはほとんどありません。



しかし、岩井証券では口座開設をするだけで、リアルタイム株価ボードを無料で利用することができます。


ですので、普段は別の証券会社で取引しているという方も、別のウィンドウで、岩井証券の自動更新株価ボードを開いておくと、一瞬のタイミング等を逃がさず、取引できるのでお勧めです。




岩井証券は無料で提供される情報が豊富!

岩井証券では、無料口座開設をしているだけで、QUICK投資情報や市場ニュース、イワイ・リサーチセンターのアナリスト情報など、様々な投資に役立つ情報を見ることができます。


また、その月に権利確定する株主優待の情報や、株式分割する銘柄の情報も配信されているので、優待や分割に興味がある人が権利確定日を忘れていて購入を忘れるという心配もありません。




岩井証券の全国11店舗のサポートセンター

ネット証券と言えば、通常、インターネット取引をメインにしているということで、対面対応のサポートセンターは設置されていないことほとんどです。


しかし、岩井証券では、全国の主要都市に対面でのサポートにも対応したサポートセンターが設けられています。



このサポートセンターでは、インターネット取引についての説明や、店頭で説明を受けながら、その場でインターネット注文もできるようになっていますので、メールや電話だけではなく、直接、取引の説明を受けたいという方にお勧めです。




岩井証券の評価

岩井証券は、最低手数料も安く、無料で提供される投資情報や、投資支援ツールも豊富であるため、とてもバランスの取れたネット証券だと言えます。


手数料については、完全定額制のアクティブコースが格安ですので、小額取引から株式投資を始めてみたいという方や、株式の売買手数料を節約したいという方にピッタリです。



また、他の証券会社では有料で提供されている場合も多い、リアルタイム自動更新株価ボードが無料で利用できるので、投資をする環境としては一通り整っています。


岩井証券は、豊富な投資情報やリアルタイム自動更新株価をタダで利用したい人(笑)、無料期間を利用して売買手数料を節約したい人などには、特にお勧めの証券会社です。



岩井証券よりもお勧めな、SBI証券マネックス証券



参考 : 楽天証券で、日本経済新聞(日経新聞)を無料で読む 日経テレコン21
    : 「年利1.86%(1年満期)」定期預金よりお得なSBI債







ネット証券を選びの知識

ネット証券を徹底解説


ネットバンクの勧め


株の買い方・売り方


株式投資にかかる税金


ミニ株式入門


株主優待と株主配当


外国株式入門


用語の意味を知って儲ける


お勧めサイト一覧


当サイトについて
Copyright(C) 2016 証券会社比較 得するネット証券の選び方 All rights reserved.