証券会社比較 得するネット証券の選び方 証券会社比較 得するネット証券の選び方 運営スタッフ紹介 証券会社比較 得するネット証券の選び方 サイトマップ


   証券会社比較 得するネット証券の選び方 > 証券会社の手数料比較 (信用取引)

証券会社の手数料比較 (信用取引)


証券会社の手数料比較(信用取引)のページです。現物取引の場合は、また手数料が違ってきますので、証券会社の手数料比較(現物取引)の方を見て下さいね。


手数料が上と下の2段になっている証券会社は、上が指値注文の手数料、下が成行注文の手数料となっています。指値注文と成行き注文の違いが良く分からない方は、成行注文と指値注文とは?を参考にして下さい(*^^*)。



また、手数料の欄が『1日定額』となっている証券会社は、手数料体系を1日定額制しか設けていないということです。


株式投資のやり方によっては、1日定額制の証券会社を利用した方が手数料が節約できる場合もありますので、1日定額コース お得度ランキング(信用)の方も参考にして頂けると光栄です。




1番安い
2番目に安い
3番目に安い



※売買手数料は、GMOクリック証券は税込価格、それ以外の証券会社はインターネットで取引を行った場合の金額(税別)を記載しています。

※手数料が2段になっている証券会社は、指値注文と成行注文の手数料が異なる証券会社です。上が指値注文、下が成行注文の場合の手数料です。

※丸三証券と松井証券の売買手数料は、1日定額コースのみとなっています。1日定額コースの売買手数料は、1日の約定代金の合計によって決まります。

参考:指値注文と成行注文とは?





もう言うまでもありませんが(笑)、こうして比較して見てみると、信用取引の売買手数料が一番安いのは、SMBC日興証券(ダイレクトコース口座)が完全無料となっていますので、信用取引を行うなら、SMBC日興証券を置いて右にでる証券会社はありません。



一応、その他には、ライブスター証券GMOクリック証券の売買手数料も全体的に格安ですが、いくら比較してみても、やっぱりSMBC日興証券の完全無料には敵わないですよね(;^^A。




なお、中には、期間限定で手数料割引などのキャンペーンを行なっている証券会社があります。



ライブスター証券 : 新規口座開設後2ヶ月間、売買手数料無料
丸三証券 : 新規口座開設後2ヶ月間、売買手数料が無料
松井証券 : 1日の約定代金が10万円以下は、取引手数料が無料




こういった証券会社を含めて考えると、最低保証金維持率なども比較してみて、一番条件のよい証券会社を先に使ったほうが、売買手数料を徹底して削れます。



ですので、手数料を節約して、少しでも投資資金に当てたい場合は、まずは、売買手数料が無料になる証券会社の中から、保証金維持率なども含めて、条件の良い証券会社から利用した方が良いでしょう。




僕も、株式投資を行うときは、1ヶ所の証券会社に絞らず、取引する金額によってや、情報収集目的などで、複数の証券会社を使い分けています。




あと、松井証券では、1日の取引額が10万円以内であれば手数料が無料になります。10万円以下の取引なら毎回無料になるのではなく、1日に10万円以内の取引であれば手数料が無料ですので、その点には注意して下さいね(;^_^A。


また、証券会社 口座開設キャンペーン一覧では、現物株式や信用取引、ほかの投資を行う際の売買手数料が割引や無料になったりする証券会社のお得なキャンペーン情報を紹介していますので、参考にしていただければと思います。




そして、下記の証券会社の場合は、日計り取引の手数料が無料となっていて、同じ日に同一銘柄を「買い⇔売り」すると、片道分の手数料が無料になります。



マネックス証券 : 一日定額コース
楽天証券 : 一日定額コース
松井証券 : 一日定額コース




日計り取引の例(同じ日に同一銘柄を「買い⇔売り」)

・ 午前9時:株価900円で100株購入
・ 午前11時:株価950円になったので、100株売却
・ 午後13時:株価875円まで下がったので、100株購入
・ 午後15時:株価930円まで上がったので、100株売却

※通常なら4回分の手数料がかかるところですが、片道無料のコースを利用していたら、4回の内の半分は手数料がプラスされません。




信用取引ならSMBC日興証券が安い!

最初の方でも触れましたが、SMBC日興証券のダイレクトコースでは、信用取引の1取引ごとの売買手数料が金額に関わらず【無料】となっています。ですので、信用取引を利用する場合はSMBC日興証券が圧倒的にお勧めです。




SMBC日興証券ダイレクトコースの信用取引委託手数料を完全無料化!



カブドットコム証券では数日にわたる内出来は、一注文として計算。

カブドットコム証券では内出来が複数日におよぶ場合、一注文として計算する“ワンショット手数料”という制度があります。ですので、仮に複数単元の約定が複数日に及んでも手数料は初回分以上はかからなくなります。


上に記載したカブドットコム証券の信用取引の手数料を見て、『ちょっと高いな〜』と思った方も、この制度の存在を知ったら、ちょっと高い手数料も納得ですよね♪


参考 : ネット証券の信用取引手数料を比較
    : 信用取引の保証金/維持率/金利比較





ネット証券を選びの知識

ネット証券を徹底解説


ネットバンクの勧め


株の買い方・売り方


株式投資にかかる税金


ミニ株式入門


株主優待と株主配当


外国株式入門


用語の意味を知って儲ける


お勧めサイト一覧


当サイトについて
Copyright(C) 2017 証券会社比較 得するネット証券の選び方 All rights reserved.