証券会社比較 得するネット証券の選び方 証券会社比較 得するネット証券の選び方 運営スタッフ紹介 証券会社比較 得するネット証券の選び方 サイトマップ


   証券会社比較 得するネット証券の選び方 > 日経テレコン21が無料で利用できる証券会社

日経テレコン21が無料で利用できる証券会社


日経テレコン21とは、日本経済新聞社が提供しているオンライン情報サービスです。


日経新聞や雑誌の記事、企業の決算発表や業界動向など、さまざまな情報を20年以上もさかのぼって見ることができます。



『日経新聞』で有名な日本経済新聞社が提供している日経テレコン21では、日本経済新聞など100近い新聞や雑誌の記事を、20年以上過去にさかのぼって自由に検索できます。


また、100万社を超える企業情報、人事情報からマーケット情報、各種専門情報にいたるまで、ビジネスに役立つあらゆる情報を提供しています。


参考 : はやわかり日経テレコン21
    : 日本経済新聞(日経新聞)を無料で読む 日経テレコン21



株式投資を行う前の情報収集は、株で儲けるためにもとても大切なことなので、どんどん活用することをオススメします。なお、下のネット証券に口座を持っている方は、日経テレコンが無料で利用できます。



楽天証券日経テレコン21 (楽天証券版)

楽天証券は、インターネットのショッピングモールで有名な”楽天”が運営する証券会社です。楽天証券と言えば、高性能なテクニカル分析ツール”マーケットスピード(通称:マケスピ)”がまず頭に浮かびます。

あの、「ジェイコム株で20億円以上稼いで話題になった、通称:ジェイコム君」も、楽天証券のマーケットスピードを利用しているとのことです。


マーケットスピードは、実力のあるトレーダーご用達のトレードツールです。短期投資やデイトレード、信用取引をするのならば、ぜひ楽天証券に口座を開設しておきたいところです。

また、口座開設を行うと、楽天証券の高機能ツール『マーケットスピード』が3ヶ月間無料で利用でき、もれなく「マーケットスピード操作ガイド(非売品)」がもらえます。




丸三証券 : 日経テレコン21 (丸三証券版)

口座開設後2ヶ月間、売買手数料が無料

丸三証券には、上記のような凄い特典があるネット証券です。株式投資初心者で練習をしたい方や、株式の売買手数料を節約したい方には、特にオススメの証券会社です。



また、リアルタイム株価ボードが無料で使えたり、本来ならば有料でしか見れない投資情報「日経テレコン21」が無料で見れるなど、情報ツールも魅力です。


ほかの証券会社では見れない投資情報もありますので、すでに他のネット証券で株式投資を行っている方も、情報収集のために口座を持っておいて損はありません。




野村證券

ホームトレード、バーチャル株式投資、特定口座のCMなどでお馴染みの野村證券は、見て頂ければ分かるように、他の証券会社と比較して、取引手数料はかなり割高感があります。

ただし、金融機関の口座情報を一括管理できる資産管理画面は使いやすいですし、提供してくれる情報はさすが”証券界のドン(笑)”なだけあって、かなり充実しています。






ネット証券を選びの知識

ネット証券を徹底解説


ネットバンクの勧め


株の買い方・売り方


株式投資にかかる税金


ミニ株式入門


株主優待と株主配当


用語の意味を知って儲ける


お勧めサイト一覧


当サイトについて
Copyright(C) 2017 証券会社比較 得するネット証券の選び方 All rights reserved.