【口座開設】証券会社は未成年でも開設できますか?
   証券会社比較 得するネット証券の選び方 証券会社比較 得するネット証券の選び方 運営スタッフ紹介 証券会社比較 得するネット証券の選び方 サイトマップ


   証券会社比較 得するネット証券の選び方 > 【口座開設】証券会社は未成年でも開設できますか?

【口座開設】証券会社は未成年でも開設できますか?


【質問】
20歳未満の未成年でも、証券会社に口座開設をすることはできますか?



【回答】
はい、できます。


ただ、証券会社の未成年口座には用途に合わせて2種類ありますので、どちらの目的で投資を行うのかによって選ぶ必要があります。



《 証券会社の未成年口座を利用する目的 》

【1】 ジュニアNISA(少額投資非課税口座)を利用したい
【2】 ジュニアNISAは利用せずに、株式投資を行いたい



まず、一つはジュニアNISAを利用する目的で未成年口座を開設する場合です。ネット証券を含め、今ではどの証券会社もジュニアNISA口座を設けていますので、この口座を利用する場合は0歳からどこでも口座開設できます。


一方、【2】番にあるジュニアNISA口座を利用しない場合は、未成年でも口座開設ができる証券会社で口座開設が行えます。



【1】と【2】のどちらを利用するか、まだよく分からない場合は、次の比較表を参考にすると良いと思います。




主な特徴 未成年口座 ジュニアNISA口座
口座開設できる歳 〜20歳未満
(一部、下限条件あり)
0歳〜19歳
取引できる商品 国内株式現物
PTS取引
単元未満株
新規公開株(IPO)
立会外分売
外国株式
投資信託
債券
金など
(証券会社で異なります)
国内株式現物
PTS取引
単元未満株
公募株式投資信託
外国株式
(海外ETF含む)など
投資上限 年間80万円まで
非課税投資枠 なし 最長5年間
非課税制度期間 2023年まで
運用管理 15歳未満は親権者
15歳以上は本人

または、
親権者のみ
(証券会社で異なります)
親権者
主な長所 ・入出金が自由にできる
・投資額に制限がない
・損益通算できる

・5年間の非課税枠がある
・0歳から口座開設できる
主な弱点 ・取引商品に制限がある
・証券会社によって口座開設できる年齢制限がある
・投資額に上限がある
・18歳まで引出不可
・口座の運用管理は親権者が行う
・損益通算できない





信用取引などハイリスクな投資商品には一部売買不可の制限が設けられていますが、成人の通常口座と同じように取引できるのは未成年口座の方です。


一方、5年間の非課税枠があり、長期投資に向いているのはジュニアNISA口座の方です。



どちらも一長一短ありますが、特徴を知って目的に合わせてうまく活用すれば、未成年でもお小遣い以上の(笑)利益を得ることも可能です。


また、早くから投資やお金、経済に関心を持つキッカケにもなりますので、僕も未成年口座の開設には大賛成です(*^^*)。






ネット証券を選びの知識

ネット証券を徹底解説


ネットバンクの勧め


株の買い方・売り方


株式投資にかかる税金


ミニ株式入門


株主優待と株主配当


外国株式入門


用語の意味を知って儲ける


お勧めサイト一覧


当サイトについて
Copyright(C) 2017 証券会社比較 得するネット証券の選び方 All rights reserved.