信用買い残が増えることが株価に与える影響
   証券会社比較 得するネット証券の選び方 証券会社比較 得するネット証券の選び方 運営スタッフ紹介 証券会社比較 得するネット証券の選び方 サイトマップ


   証券会社比較 得するネット証券の選び方 > 質問と回答 > 信用買い残が増えることが株価に与える影響

信用買い残が増えることが株価に与える影響


質問:信用買い残が多いと株価が下がるようですが、なぜなのでしょうか?買い残が多いという事は、「その株を買う人が多い(人気がある)」=「株価上昇」のような気がするのですが間違っているのでしょうか?


確かに、信用買いが多いということは、その銘柄に期待している人が多いということですから、普通に考えたら、将来、株価は上がっていくように感じてしまいます。


しかし、信用取引の保証金・維持率・金利を比較を見て頂ければ分かるように、信用買いでは、買い方金利がかかったり、最低保証金維持率をキープしなければいけないなど、いくつかのリスクが発生します。



もし、アナタが信用買いを行っていたとしたら、このようなリスクがある状況の中でどのような行動を採りたいと思うでしょうか?


おそらく、『少しでも株価が上がったらすぐに信用買いしている株を売却して利益確定しよう。追証とか、信用買いで失敗した時の損失は大きいしなぁ』
こう思われるのではないかと思います。



信用買いが多いということは、上記のように考えている人が多数その株を買っているということです。つまり、『ちょっとでも株価が上がったら、損をする前に早く株を売って利益確定しよう』とみんなが考えているというわけです。




株価は需要と供給の関係で決まりますから、買いたい人が多ければ株価は上がり、逆に、売りたい人が多ければ株価は下がります。


椅子取りゲームではありませんが、信用買いをしている多くの人がこの株の売買ゲームから、早く利益確定して抜け出したいと思っているのですから、売りたい人が多い分、株価は上がりにくくなりますよね?



つまり、信用買い残が多いということは、将来、その株を売りたい予備軍が多数いるということなのです。信用買い残が多い株式では、後でたくさんの売り注文が出ることは確実なので、こんな株を買いたいと思う人はよほどその株式に魅力がなければそうはいませんよね。



だって、ちょっと株価が上がると、ドサッと売りが出る可能性が多いので、株価が上がりにくくなるのですから。



また、株価が下がり始めると、信用買いをしている人には最低保証金維持率をキープしなければ「追証」が発生するというリスクがありますので、怖くなってその株を早く売りたいと思う人が多数でてきます。


そうすると、需要と供給の関係から、株価は下がっていく方向になる可能性が高くなります。




説明が長くなってしまいましたが、『信用買い残が多いということは、後でたくさんの売り注文が出る可能性が高い』ということを忘れないようにして下さいね。


あとで読む



ネット証券を選びの知識

ネット証券を徹底解説


ネットバンクの勧め


株の買い方・売り方


株式投資にかかる税金


ミニ株式入門


株主優待と株主配当


用語の意味を知って儲ける


お勧めサイト一覧


当サイトについて
Copyright(C) 2013 証券会社比較 得するネット証券の選び方 All rights reserved.