証券会社比較 得するネット証券の選び方 証券会社比較 得するネット証券の選び方 運営スタッフ紹介 証券会社比較 得するネット証券の選び方 サイトマップ


   証券会社比較 > 証券会社 活用術 > マネックス債で賢く運用!定期預金よりお得なマネックス債

マネックス債で賢く運用!定期預金よりお得なマネックス債


マネックス証券といえば、ネット証券の中でも、ズバ抜けて取り扱い商品数が多い証券会社ですが、その中に、不定期ですが、定期預金よりお得なお宝債券「個人向けマネックス債」というのがあります。




マネックス証券の個人向けマネックス債




個人向け社債「マネックス債」のポイント





個人向けマネックス債 商品概要





個人向けマネックス債は、年利1.5%の運用利回りとなっていますが、この1.5%という金利がどれだけ凄いのかというと、例えば、銀行の場合は、10年満期の定期預金で、約0.1〜0.25%前後の金利となっています。



つまりは、10年間もお金が拘束される上に、金利もマネックス債より低いということになります。ですので、そもそも1.5%の金利商品はほとんどない、というのが今の現状なのです。



三菱東京UFJ銀行の円預金 金利
ゆうちょ銀行の預金 金利



ところが、マネックス債の場合は、「年利1.5%」で、しかも「5年で満期」ですので、条件としては、かなり良い運用商品だと思います。わずか3年満期なら、拘束期間も短いので、もし5年後に旅行などの計画している方でも安心ですよね(^^ゞ。




ちなみに、まだ債券になじみがないという方のために、簡単に説明すると、マネックス債とは、債券と呼ばれる金融商品の一つで、東証一部に上場しているマネックスグループ株式会社が発行している社債、つまり、分かりやすく言うと、「会社の借金」のことです。




...身も蓋もない言い方をしましたが(笑)、債券には、マネックス債のように会社が発行している社債から、日本やアメリカが発行している国債、愛知県などの地方自治体が発行している地方債など、国や地方レベルの組織でさえ発行していますので、決して珍しい商品でありません。




また、マネックスグループの場合は、下の業績推移を見ても分かるように、毎年黒字を出している優秀な企業です。



さすがに、世界的な金融危機が影響した2009年3月期決算は赤字となりましたが、この時は、日本を代表するメガバンクや、あのトヨタ自動車でさえ赤字に転落しているのですから、マネックスグループに限った話ではありませんでした。



また、それ以降の業績は、黒字化する予想が出ていますので、決して会社の運転資金が焦げ付いたからなどと、というマイナスな理由で債券を発行しているわけではありません。




マネックスグループの業績推移




むしろ、こういった黒字運営の会社が債券を発行する場合は、現在運営している事業で、さらに効率化するために設備投資を行ったり、新事業を展開する時など、より利益を上げるために、一時的にお金を借りる、といった理由がほとんどです。



ですので、債券は、「投資家からお金を借りる=借金する」ということに代わりはありませんが、その理由まで知ると、必ずしもアブない商品ではない、ということが分かっていただけると思います。



しかも、個人向けマネックス債の場合は、拘束期間はわずか5年ですからね♪もちろん僕も、しっかりマネックス債を運用中です(笑)。




マネックス債の注文履歴


マネックス債の申込履歴



↓↓
(実際に運用中のマネックス債の様子)
マネックス債の運用中の様子





なお、債券の拘束期間は平均5年〜10年単位となっており、マネックス債のようにわずか3年で満期を迎えることはほぼありません。



また、銀行の定期預金においても、高金利で運用したい場合は、3年以上現金を拘束されることはザラですので、マネックス債が、どれだけ時間的リスクが低いのかが分かっていただけると思います。




あと、債券は、商品によっては元本割れ、つまり、預けたお金が100%戻ってこないなどのリスクがありますが、マネックス債は、過去の実績を見ても、今まで一度も元本割れを起こしたことがありませんので、とても優秀です。




マネックス債 取扱実績




また、過去に行ってきたマネックス債の実績から見ても、かなり安定性の高い債券だと言えます。



低金利の日本では、たった3年で年利1.5%の金利が付くだけでも凄いのに、それ以上の金利が得られるのは、むしろありがたいくらいの商品ですよね(笑)。





それでは、さっそくマネックス債のへの申し込み方についてですが、まず、マネックス証券に口座を持っていることが条件となります。




また、このページの最初の方でも紹介したとおり、マネックス債は、不定期で扱っている債券で、しかも、先着順で希望した金額に達すると募集を締め切ってしまいますので、いつでも買えるわけではありません(;^_^A。



「なぁんだ。じゃあ、ダメじゃん。。」



と、がっかりされた方もいるかもしれませんが、その代わり、募集のお知らせメールが届いたら、いつでも申し込みが出来るように、マネックス証券の口座だけは事前に開設しておくことをお薦めします。




マネックス証券は、口座開設をする時も、口座維持手数料も一切かからない証券会社ですので、銀行口座と同じように無料で口座開設できます。




マネックス証券の口座開設に必要なもの

1.印鑑
2.免許証のコピーなどの本人確認書類
3.証券口座のお金を引き出すために登録する銀行の情報
  (銀行名や口座番号、口座名義など。また、現在、自分が利用している銀行で構いません)



また、マネックス証券は、無料セミナーや無料支援ツールといった投資情報が多く、運用商品も豊富ですので、口座開設をしておいて、決して損はありません。



それに、今後もマネックス債のように、オイシイお宝商品が出るかもしれませんからね(^^ゞ。



ですので、まだ、マネックス証券に口座を持っていないという方は、今のうちに開設しておくことをお薦めします。





しかも、マネックス証券では、




口座開設+取引等で【合計51,000円】プレゼントを実施中!




マネックス証券、現金がもらえる新規口座開設キャンペーン




1人:51,000円ということは、家族4人で利用した場合、合計:20万4,000円という計算になりますから、かなりの金額です。



同じ金額を時給:850円のアルバイトで稼ごうと思ったら、60時間以上も働かなければいけませんからね(苦笑)。


しかも、個人向けマネックス債の購入も、現金プレゼントの対象となりますので、これからマネックス証券に口座開設を行うならば、絶好の機会です。




マネックス証券、現金プレゼントの条件等




マネックス証券で発売される、個人向けマネックス社債は、最低購入金額が1万円からとなっていますので、仮に、20万円分を購入すると、もれなく【現金500円】が貰えることになります。



さらに、


社債購入額:100万円以上ならば、3,000円プレゼント
社債購入額:150万円以上ならば、5,000円プレゼント



が、個人向けマネックス社債の利息とは別に貰えますので、もはや、銀行の定期預金とは比べ物にならないほどの現金収入が得られます。



(例)
社債購入額:100万円⇒(税引後利息)59,965円+(キャンペーン)3,000円
受け取れる合計金額:62,965円




さらに、家族で参加すれば、4人分の現金プレゼントと利息が受け取れますので、参加人数が多いほど、お得になります。




なお、マネックス証券の新規口座開設キャンペーンでは、社債購入以外に、株取引などでも現金を貰えるようになっており、達成できそうな条件のものだけ参加しても、その分のプレゼントを貰えるようになっていますので、初心者でも安心して参加できます。





マネックス証券の無料口座開設・無料資料請求は、コチラからできます。
  (口座開設や入金で、現金51,000円が貰えるキャンペーン実施中)





マネックス債 個人向け社債の関連ページ

SBI債(SBI証券 社債)の格付け・評判・リスク
個人向けマネックス債(マネックス証券 社債)の格付・評判・リスク
バークレイズ・バンク・ピーエルシー ユーロ円建て社債
バークレイズ・バンク・ピーエルシー ユーロ円建て社債(SMBC)


オーストラリア・ニュージーランド銀行 円貨社債の格付・評判・リスク
韓国輸出入銀行 円建債券の格付け・評判・リスク
BNPパリバ(ビー・エヌ・ピー・パリバ)円建社債の格付・評判・リスク
クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク社債


ソフトバンク社債(softbank債)の格付け・評判・リスク
ロイズ・ティーエスビー・バンク・ピーエルシー円建社債(マネックス)
ロイズ・ティーエスビー・バンク・ピーエルシー円建て社債(SMBC)
ロイズ・ティーエスビー・バンク・ピーエルシー円建て社債(SBI証券)


RBS債(ロイヤルバンク・オブ・スコットランド・ピーエルシー円建社債)
 「利率:1.5%(満期:4年) マネックス証券にて申込」
RBS債(ロイヤルバンク・オブ・スコットランド・ピーエルシー円建社債)
 「利率:1.5%(満期:5年) SBI証券にて申込」
RBS債(ロイヤルバンク・オブ・スコットランド・ピーエルシー円建社債)
 「利率:1.26%(満期:4年半) SMBC日興証券にて申込」


SBIホールディングス 個人向け社債
SBI債(SBI証券 社債) | ネットバンク比較サイト



マネックス証券に関連した参考ページ

マネックス証券の詳細
マネックス証券FXの説明
マネックス証券の家族・お友達紹介制度 錬金術
マネックス証券、主要株式サイトから知りたい情報を一括検索
銀行・証券・クレジットカード等の口座情報を一括管理 マネックスワン







ネット証券を選びの知識

ネット証券を徹底解説


ネットバンクの勧め


株の買い方・売り方


株式投資にかかる税金


ミニ株式入門


株主優待と株主配当


外国株式入門


用語の意味を知って儲ける


お勧めサイト一覧


当サイトについて
Copyright(C) 2017 証券会社比較 得するネット証券の選び方 All rights reserved.