証券会社比較 得するネット証券の選び方 証券会社比較 得するネット証券の選び方 運営スタッフ紹介 証券会社比較 得するネット証券の選び方 サイトマップ


   証券会社比較 得するネット証券 > 証券会社 活用術 > マネックス証券での株取引の仕方

マネックス証券での株取引の仕方【現金31,000円】


★ このキャンペーンは終了しました。


完全無料でネット銀行の口座を一括管理できる「マネックスワン」も利用できる、便利なマネックス証券での株式投資(株取引)の仕方を実践解説していきたいと思います。


「株式投資に、なんとなく興味があるけど、実際にやるとなると難しそう・・・」
「証券会社でキャンペーンをやっているけど、株取引が条件だから諦めよう・・・」



株式投資に興味はあるものの、なんとなく難しそうだからややめようと思った方は、少なくないのではないでしょうか。




確かに、投資した銘柄(会社)の株価が将来上がるかどうかを予想していくのは、プロでも難しいと思いますが、株取引を行うだけで現金が貰える、といったキャンペーンの時には、話は別です(笑)。



やり方(攻略法)さえ知っていれば、条件を満たすことは決して難しいことはありませんので、このページでは、実際にマネックス証券を使って、株式投資のやり方(取引方法)を分かりやすく、丁寧に解説していきたいと思います。




マネックス証券でのキャッシュバック履歴




僕も、実際に、【現金31万7,450円】FX口座開設 現金プレゼントキャンペーンを利用して何度も現金を獲得していますが、僕以外にも、取引が条件の現金プレゼント、かんたん攻略法を実践することで、着実にお金を増やしていっている人たちがいます。




マネックス証券の新規口座開設キャンペーン




また、マネックス証券でも、新規口座開設者を対象に、【総額31,000円】が貰えるキャンペーンを行っています。





マネックス証券のプレゼント条件





この機会を利用すれば、小額の株式投資から実践していくだけで条件を満たせる仕組みになっていますので、簡単にプレゼントの現金を貰うことができます。




また、このページでは、マネックス証券の口座を使って、株式投資のキャンペーンを満たすときに参考になる取引方法を、できる限り分かりやすく実践説明していきますので、




攻略法として伝授する「ボロ株 錬金術」を利用して、
確実に、【現金1,000円】を貰いましょう!





それでは、まずは、マネックス証券の現金プレゼント条件を確認しておきましょう。




1. マネックス証券に無料口座開設をする

口座開設の申し込み画面で、請求コード【31000】を入力するのを忘れないようにして下さいね。これが、キャンペーンへのエントリーの役割を果たしていますので、うっかり忘れてしまうと、対象外となってしまいます。



2. 口座開設後、何円の株でも良いので、3〜10回株取引をする

取引については、上の画像にある条件を見ていただければ分かるように、とにかく、何円の株でもいいから、株式投資を5回もしくは10回すれば良いことになっています。


<貰えるプレゼント金額>
・ 3回以上の株取引・・・1,000円獲得!
・ 10回以上の株取引・・・3,000円獲得!




今まで株式投資をしたことがない人にとっては、「株を購入するには、多額のお金が必要」というイメージがあり、取引条件を満たすのは、もの凄くハードルが高いように感じてしまうかもしれません。




ところが実際には、倒産しそうな株式、いわゆる



「ボロ株」であれば、1000円以下でも購入できます。





そのボロ株を探すための方法もとても簡単で、Yahoo!ファイナンス 株式ランキング(単元株価格下位)を見れば、1分もかけずに見つけることができます。




単元株価格下位ランキング:全市場[デイリー]




1位 証券コード:1757 クレアホールディングス(株) 10円
2位 証券コード:2318 クレスト・インベストメンツ(株) 65円
3位 証券コード:7638 (株)シーマ:270円



どれも、想像していたより、はるかに安い金額だったのではないでしょうか。




もちろん、これらの企業は倒産するリスクがあるから、こんな価格が付いているのですが、マネックス証券のプレゼント条件は、「とにかく、何円でもいいから、株取引を3回すること」ですから、




業績なんて、知ったことではありません。
とにかく、安く買えればいいのです(笑)。





Yahoo!ファイナンス 株式ランキング(単元株価格下位)は、日々変動しますが、いつも、「安く買える順番」で株式が並んでいますから、マネックス証券のように、「取引条件」とある場合は、1番安い株式を買えば良いのです。




上の画像を例にすると、この日に一番安く買える株は、



・証券コード: 1757
・上場市場: 大証2部
・銘柄名: クレアホールディングス(株)
・単元株価格: 10円



とありますので、今回は、攻略法を実践するために、この株式を利用させていただきましょう(笑)。




マネックス証券の取引ごと手数料コース




なお、株式投資を行うには、1取引ごとに売買手数料がかかる仕組みなっており、マネックス証券の場合は、10万円以下の株式を購入するには、100円の手数料がかかります。




ただ、3回取引を行えば、後から1,000円を貰えますから、3回分の手数料(合計300円)を差し引いても手元にはお金が残ります。



株取引 : 現金1,000円



さらに、家族で参加すれば、仮に4人家族なら4,000円を貰えることになります。




もちろんこの現金は、マネックス債など新たに投資に使うなど、獲得したお金は自由に利用できますので、この機会を利用して、しっかり現金を貰って下さいね。




マネックス証券には、銀行よりも高金利な年利1.5%・1年満期のマネックス債【年利1.5%の高金利】円建て社債など、お得な商品がたくさんあります。




マネックス証券は、口座開設後もお金を増やすために活用できる情報や商品が活用できますので、口座を持っておいても、決して、損のない証券会社です。




それでは、つい前置きが長くなりましたが(笑)、マネックス証券の口座開設が済んだら、さっそく、取引に使うための資金入金して、取引を行ってみましょう。




マネックス証券のログイン画面




まずは、マネックス証券の公式ホームページから、ログインIDとパスワードを入力して、取引画面にログインします。




マネックス証券の取引画面





マネックス証券の公式サイトから取引画面にログインしたら、画面の上部にあるメニューから、【入金指示】【入金指示】をクリックします。



マネックス証券は、ジャパンネット銀行楽天銀行など、6つの即時入金サービスに対応しており、振込手数料も無料で振り込むことができます。




また、即時入金サービスならば、入金情報がすぐにマネックス証券の画面上に反映されますので、手数料だけでなく、時間もかかりません。




マネックス証券の入金指示(金融機関を選択)




振込元となる銀行の候補が表示されたら、利用したい銀行を選び、【次へ(入金の手順)】をクリックします。




マネックス証券の入金の流れ(楽天銀行をご利用の場合)




次のページに進むと、これから行う入金の流れについて説明が書いてありますので、内容に目を通したら、最後に【次へ(金額入力)】をクリックします。




マネックス証券への入金額を指示




初めて入金を行う場合は、入金元となる銀行の支店番号と口座名義を入力する画面が表示されます。その後、入金額を入力する画面に進みますので、振込む金額を入力したら、【次へ(内容確認)】をクリックし、入金を済ませます。




なお、このページでは、5万円を入金しましたが、マネックス証券では最低入金額が決まっていませんので、何円からでも入金できます。




ですので、最初に入金をするときは、あらかじめ何円分の取引を行う予定かを決めておき、「とりあえず10万円分ぐらい・・」などと、区切りがよい金額でも良いと思います。



入金が済んだら、いよいよ株式投資の取引を実践していきます!




マネックス証券の取引画面TOP




まずは、Yahoo!ファイナンス 株式ランキング(単元株価格下位)で、一番安く購入できる株式を確認し、マネックス証券の取引画面の一番上にある空白の枠に、4ケタの銘柄コードを入力して、【買い注文】をクリックします。




国内株式 買い注文




続いて、取引画面が表示されたら、【1】と【2】を入力し、【次へ(注文内容確認)】をクリックしていきます。



【1】 数量: 10と入力
【2】 価格: 成行を選択



上の画面では、数量を10株としましたが、これは購入したい銘柄によって、最低取引単位が決まっているからです。




Yahoo!ファイナンス 単元株価格下位ランキング:全市場[デイリー]




例えば、クレアホールディングス(株)の場合は、単元株数(最低取引単位)のところが10となっていますので、数量は「10」と入力します。



また、2位のクレスト・インベストメンツ(株)の場合は、単元株数が「−」と表示されていますから、数量は「1」になります。




単元株数とは、「その株式を購入するための最低数」と思って下さい。株式は、すべての銘柄がバラ売りで1つずつ購入できるのではなく、



単元株数:− → 1株単位で購入できる
単元株数:10 → 10株単位でしか購入できない
単元株数:100 → 100株単位でしか購入できない
単元株数:1000 → 1000株単位でしか購入できない



といった具合に、取引単位(セット)が決められています。




例えば、スーパーでも、きゅうりを買う時は、「3本セット」でしか購入できないようになっている場合と、バラ売りになっていて、「1本ずつ」買える場合がありますよね?




株式の場合も、この、きゅうりを買う時と同じだと思って下さい(笑)。



株式(銘柄)によっては、バラ売りで1株ずつ購入できるものと、100株など、セットでしか購入できないものがあるのです。




ただ、マネックス証券では、注文画面で、取引したい数量を入れる枠の右側に、その銘柄の取引単位が表示されますので分かりやすくなっています。




国内株式 買い注文の確認




注文を確定させる前に、入力した内容で間違いないか確認画面が表示されますので、問題がなければ、【実行する】をクリックして完了です。




ここで、


「あれ?さっきの計算では、【株価:10円(1円×10株)+手数料:105円=115円】で購入できるんじゃないの?想定買付金額が高くなってるけど、なぜ??」


と思った方がいるかもしれませんが、その理由は「成行注文」にしたからです。




成行注文の場合には、値幅制限の上限の「見積り価格」が出る仕組みになっているのです。




値幅制限の上限を見ると分かりますが、株価:100円以下の株式の場合、「もし、株価が上昇してストップ高になった場合は、1株につき+30円値上がりする可能性があります」から、



(株価1円+値幅制限の上限30円)×10株+手数料105円=415円
※取引を行った時は、5%の消費税で算出されています。


という計算になっているのです。




ただこれは、先ほども書いたようにあくまでも「見積り金額」ですから、ストップ高にならない限り、これだけの代金がかかることはありません。



また、2円以上の株式であれば、相場の状況によっては、この金額よりも安く買える可能性もあるのです(1円の株式は、もともと最低価格になっていますので、これ以上安くなる可能性はありません、苦笑)。




ご注文を受け付けました




さて、注文が確定すると、上にあるように、「ご注文を受け付けました」という表示が出ます。



もし、間違えて入力した場合には、注文が成立する前であれば、訂正や取消もできますので、その場合は、左にあるメニュー一覧から【注文訂正・取消】をクリックして、訂正または取消を行えばOKです。



そして、保有している株を手放す(売却する)ときは、同じく、左にあるメニュー一覧から【残高照会・売り注文】をクリックして、株を購入したときと同じ方法で入力していけば良いです。




これで、「株式市場でもっとも安い銘柄」の買付け注文が終わったので、後は、注文が成立するのを待ちます。多分、数分で成立すると思いますので、ホントにアッと言う間です(笑)。



もちろん、株式市場が開いている時間(9時〜15時)に注文を出さなければいけないわけではなく、注文を出すのはいつでもOKです。



例えば、前日の夜に注文を出していた場合には、翌日、仕事から帰った時には、注文成立のお知らせがきていると思います。




また、3回とも同じように取引を行って、注文(取引)が成立したことを確認したら、マネックス証券の現金プレゼントの条件も満たせたことになりますので、あとは、現金1,000円が振り込まれるのを待つだけです。




簡単ですよね?全然、難しくないでしょ?(笑)





丁寧に説明したので長くなりましたが、やることをまとめると、




・ 無料口座開設をする
・ 取引に使う資金を証券口座に入金する
株式ランキング(単元株価格下位)で、1番安い株を5回取引する




たったこれだけです(笑)。




家族4人で利用すれば【10万円位上】ですから、
銀行に預けておくよりも、はるかに高利回りです。




また、他の口座開設 現金プレゼントキャンペーンにも参加すれば、1人当たり、何十万という金額になりますから、これを家族で利用すると…凄い金額になっちゃいます!!(汗)



なお、もともと資産運用や銀行に預ける以外の方法でお金を増やすことに興味がある人は、FXや株式投資のやり方などを身につける良い機会にもなります。




こんなにお得で貴重な機会は、特に今の不況の中では、そうそうあることではありませんので、このチャンスを逃さないようにして下さいね(*^^*)。




マネックス証券の無料口座開設は、コチラからできます。
  (マネックス証券は、キャンペーンを利用した後もお勧めな証券会社です)




なお、これからマネックス証券の口座開設を始める人は、少しでも早く口座開設ができるように下のものを用意しておくと、手続きがスムーズに行えますのでお勧めです。



■ 口座開設時に準備しておくもの

1.印鑑
2.運転免許証や保険証のコピーなど、本人が確認できる書類
3.証券口座のお金を引き出すために登録する銀行の情報(銀行名や口座番号、口座名義などです。現在、自分が利用している銀行で構いません)



【現金21,500円】等がタダで貰える「絶対」お得なキャンペーン
  (参考 : ネットバンク(ネット銀行)よりも利回りが良い「秘密の預入先」)
タダで現金を稼ぐ!証券会社の家族・お友達紹介 錬金術!

【総額:31万7,450円】FX口座開設 現金プレゼント [攻略法]
市販のFX参考書や練習帳、非売品の入門書等が【必ず】貰えます。






ネット証券を選びの知識

ネット証券を徹底解説


ネットバンクの勧め


株の買い方・売り方


株式投資にかかる税金


ミニ株式入門


株主優待と株主配当


外国株式入門


用語の意味を知って儲ける


お勧めサイト一覧


当サイトについて
Copyright(C) 2017 証券会社比較 得するネット証券の選び方 All rights reserved.