証券会社比較 得するネット証券の選び方 証券会社比較 得するネット証券の選び方 運営スタッフ紹介 証券会社比較 得するネット証券の選び方 サイトマップ


   証券会社比較 > 証券会社 活用術 > 岡三オンライン証券での株取引の仕方

岡三オンライン証券での株取引の仕方


このページでは、岡三オンライン証券での株取引(株式投資)の仕方を実践しながら解説していきたいと思います。


初めて株式投資をする時は、証券会社の取引画面を見ただけでドキドキしますが(笑)、実際にやってみると決して難しいことはありません。



特に、岡三オンライン証券の取引画面(トレードツール)は、初心者でも操作しやすいように工夫されていますので、株取引を始めやすいと思います。


これから実際に岡三オンライン証券で株取引を実践してみますので、株式投資を行う時には、ぜひこのページを参考にしていただけたらと思います。




それでは、さっそく岡三オンライン証券での取引の仕方を実況していきたいと思います。




岡三オンライン証券の入出金画面




まずは、岡三オンライン証券の公式サイトからログインして取引資金を入金します。


入金の仕方は、ログイン後の取引画面の上部に、【入出金・振替】というメニューがありますのでクリックします。


クリックしたら、入金元となる銀行を選ぶ画面に変わりますので、そこから利用したい銀行を選び、右端の列にある【選択】をクリックします。




岡三オンライン証券の入金方法




利用する銀行を選択したら、次に振り込む金額を入力する画面に変わりますので、入金したい金額を入力します。


なお、岡三オンライン証券の即時入金も他の証券会社と同じく、振込手数料無料で利用できます。そして入金元となる銀行には、ネットバンクや大手都市銀行、ゆうちょ銀行など12種類ありますので、選択肢が多いのは岡三オンライン証券の便利なところです。



振込金額を指定して、ページ下の【入金指示確認画面へ】をクリックすると、取引パスワードを入力する画面に変わりますので、入力して【次へ】をクリックすると、振込元の銀行の取引画面が表示されます。




ゆうちょダイレクトのクイック入金手続き




振込元となる銀行の取引画面が表示されたら、送金金額が間違いないかを確認して手続きを進めます。







無事に振り込み手続きを済ませたら岡三オンライン証券の入出金照会画面に戻りますので、そこで今入金した金額が反映されていることを確認します。これで、振り込み完了です。




続いて、取引する銘柄を選びましょう。


本格的に株式投資を行う時は、証券会社の取引画面上で見れる銘柄情報や投資本などを参考にしながら選んでいきますが、今回は少ない資金で取引をしてみることを目的にしますので、ボロ株で挑戦したいと思います(笑)。




ボロ株とは、いわゆる倒産寸前の株で値段(株価)が格安になっている株式のことです。実際にどれぐらい格安になのかというと、Yahoo!ファイナンス 株式ランキング(単元株価格下位)を使って、すぐに見つけることができます。




Yahoo!ファイナンスの株式ランキング(単元株価格下位)




上の表を見れば株式が安い順番に並んでいますので、どの銘柄が格安なのかがひと目で分かります。どうでしょうか。思った以上に安い値段の株もありますよね(^^ゞ。例えば、1位の銘柄は306円で買うことができます。



ちなみに、岡三オンライン証券では名古屋セントレックス市場に上場している銘柄は取引できないため、今回の実践取引では2番目に安い銘柄で取引をしてみようと思います。



取引を行う時は銘柄名(会社の名前)を入力して取引することもできますが、銘柄コードを控えておく方が入力する量が4ケタだけと少なくなりますので便利です。


例えば、今回取引を行う(株)エルシー・エーホールディングスならば、【4798】をメモしたりして控えておくと良いです。




岡三オンライン証券の銘柄名orコード入力画面




それでは、いよいよ株取引を行います。まずは岡三オンライン証券の取引画面から、【取引】メニューを選択して、先ほど控えた銘柄コードを入力します。




株式の買い注文画面




銘柄コードを入力して検索をかけたら、上のような注文画面になります。現在の取引値は5円で、(1)の「枚数」の項目を見ると売買単位は100株となっています。


つまり、この銘柄は100株単位で購入できる株で、現在取引されている値段は5円であることが分かります。100株と言うとかなりの資金が必要そうですが、この銘柄においては1株あたりたったの5円ですので100株=500円となります。格安ですよね(苦笑)。




ということで、(1)の項目の「枚数」は売買単位でなければ取引できませんから【100】と入力しました。



続いて、(2)の「単価」項目では、現在の値段ですぐに取引を行ないたいので、【成行(なりゆき)】を選びました。


ちなみに、指値(さしね)を選ぶと値段を指定して取引を行うことができます。ただし、指値の場合はその値段にならなければ取引は成立しません。また、先に同じ値段で別の人が指値注文を出していたら順番待ちとなります。



(3)の「期間」は注文の有効期限のことで、今回は【当日中】を選びました。



最後に、(4)の注意事項を確認したらチェックを入れて注文確認画面へと移動します。



入力する項目はこれだけです。岡三オンライン証券の取引ツールは売買しやすく工夫されていますので、注文の仕方もとても簡単です。今回のように、株を買う時は(1)の項目以外は選択肢から選ぶだけですので簡単ですよね(*^^*)。




現物買注文の確認画面




注文を出す前の確認画面で内容に不備がなければ、取引パスワードを入力して【注文発注】をします。



なお、概算注文見積の欄について補足しておくと、「見積単価」はこの銘柄で指値注文できる最大値で算出されています。ですから、次の項目の「概算約定代金」は、最大値で取引された場合の金額(35円×100株=3,500円)が表示されます。


ただ、この金額はあくまで概算ですので、必ずこの金額で取引されるわけではありません。



続いて、「概算手数料/区分」は岡三オンライン証券の売買手数料が表示されています。岡三オンライン証券では、インターネットで取引をする場合、1注文の取引金額が10万円以下の場合は99円(税別)となっていますので、今回の取引でも99円と表示されています。


こうして、最後の項目の「概算受渡金額」では、概算約定代金と売買手数料を合計した金額が表示されています。



それでは、実際に取引を行った結果を見てみましょう。




岡三オンライン証券の注文照会




岡三オンライン証券の【取引】メニューから【注文照会】をクリックすると、注文履歴を見ることができます。


そして、上の画像では5円×100株で取引が成立したことが確認できました。



つまり、500円(株の代金)+106円(売買手数料の税込価格)=606円が実際に動いたお金です。




それでは、どんどん進みますが、今度は買った株を売る取引をしてみます。




岡三オンライン証券の現物売が可能な銘柄リスト




【取引】メニューから【売る】をクリックすると、先ほど買った銘柄リストが表示されます。銘柄名をクリックすると、売る取引ができる注文画面へと移ります。




岡三オンライン証券の現物売注文画面




売る時も、入力する内容は買う時と同じです。


【枚数】・・・100株 と入力
【単価】・・・成行 を選ぶ
【期間】・・・ 当日中 を選ぶ


最後に、(4)の注意事項を確認してチェックを入れたら、【注文確認画面へ】をクリックします。注文確認画面で内容を確認して、問題がなければ取引パスワードを入力して注文手続きを完了させます。




岡三オンライン証券の注文照会




売り注文が成立したら、株を買って売却するまでの取引がすべて終わります。


岡三オンライン証券の注文照会画面を見ると、今回の取引では買う時は1株あたり5円(100株単位なので500円)で購入して、売る時は4円(400円)で売却したことがわかります。


これに加えて、買う時と売る時にはそれぞれ取引手数料がかかっていますので、取引にかかった金額は合計:−312円となります。



500円(買った時の値段)−400円(売った時の値段)=−100円
106円(取引手数料)×2回=212円
100円+212円=312円



もし売った時の金額が、買った時よりも高ければ利益が出ます。



以上が株取引の仕方と仕組みになります。


株取引と言っても、岡三オンライン証券の取引画面は操作しやすい作りになっていますので、想像していたよりも簡単ではありませんでしたか(*^^*)?


岡三オンライン証券は、このように取引画面の操作方法も分かりやすく作られていますので、株式投資初心者にもお勧めです。



岡三オンライン証券の無料口座開設は、コチラからできます。




【現金21,500円】等がタダで貰える「絶対」お得なキャンペーン
  (参考 : ネットバンク(ネット銀行)よりも利回りが良い「秘密の預入先」)
タダで現金を稼ぐ!証券会社の家族・お友達紹介 錬金術!

【総額:31万7,450円】FX口座開設 現金プレゼント [攻略法]
市販のFX参考書や練習帳、非売品の入門書等が【必ず】貰えます。






ネット証券を選びの知識

ネット証券を徹底解説


ネットバンクの勧め


株の買い方・売り方


株式投資にかかる税金


ミニ株式入門


株主優待と株主配当


外国株式入門


用語の意味を知って儲ける


お勧めサイト一覧


当サイトについて
Copyright(C) 2017 証券会社比較 得するネット証券の選び方 All rights reserved.