証券会社比較 得するネット証券の選び方 証券会社比較 得するネット証券の選び方 運営スタッフ紹介 証券会社比較 得するネット証券の選び方 サイトマップ


   証券会社比較 得するネット証券の選び方 > 丸三証券

丸三証券


丸三証券のオンライントレード「マルサン トレード」の開設ページです。丸三証券の売買手数料や、利用できるサービスの特徴、おすすめの活用方法などを紹介していきます。

なお、丸三証券は、他のページで紹介している証券会社と同じく、口座開設手数料、口座管理料無料で利用できます。


丸三証券 丸三証券

口座開設後2ヶ月間、売買手数料が無料

丸三証券のインターネットサイト「マルサントレード」には、上記のような凄い特典があるネット証券です。

株式投資初心者で、はじめは少額な銘柄で練習をしたいという方や、株式の売買手数料を節約したい方には、特にオススメの口座開設特典です。



キャンペーン活用後も、リアルタイム株価ボードが無料で利用できたり、通常は有料で提供されている投資情報「日経テレコン21」の《丸三証券版》が見れるなど、情報ツールも魅力です。


丸三証券には、ほかの証券会社では見れない投資情報もありますので、すでに他のインターネット証券で株式投資を行っているという方も、情報収集用に口座を持っておいて損はありません。




丸三証券の株式売買手数料(税別) [1日定額コース]

売買代金合計額 成行注文 指値注文 信用取引
〜30万円 240円 240円
〜5,000万円 代金×0.08% 代金×0.08%
5,000万円超 40,000円 40,000円
コメント 丸三証券の1日定額コースの手数料は、1日の売買代金の合計に対してかかるため、取引回数は何度でも構いません。



丸三証券の株式売買手数料(税別) [銘柄コース]

売買代金合計額 成行注文 指値注文 信用取引
20万円 200円 200円
〜500万円 代金×0.1% 代金×0.1%
500万円超 5,000円 5,000円
コメント 丸三証券では、「1口計算」を採用していて、例えば、同じ銘柄を同じ日に10回取引して合計の売買代金が100万円ならば、一口注文となり100万円の一取引として手数料計算します。

そのため手数料は10回合計で1,000円(税別)となり、取引1回当たりにすると100円の格安になります。



丸三証券の取扱銘柄、提供機能、情報一覧

国内株式 ポイント制 ×
米国株式 × 立会外分売
中国株式 × 夜間取引 ×
その他の国の株式 × 信用取引
ミニ株式 × イブニングセッション ×
単元未満株 ポートフォリオ
IPO(新規公開株) スクリーニング
外国為替(FX) × 気配情報(板)
投資信託 無料テクニカルチャート
カバードワラント × 有料テクニカルチャート 3,000円(税別)
/月
※条件により無料
先物・オプション × 携帯電話 docomo
ソフトバンク
(旧ボーダフォン)
au



丸三証券を徹底解説



丸三証券は、上の方で書いた売買手数料が無料になる特典があるため、下記のような方には特にオススメの証券会社です。


1.株式の売買手数料を節約したい場合。
2.初心者の方が株式投資の練習として利用する場合。
3.口座開設後2ヶ月間に頻繁に取引を行う予定がある場合。




丸三証券では、口座開設後2ヶ月間、株式の売買手数料が無料!

株式投資で株を購入する時、そして、株を売却する時、どちらにも必ずかかってくる売買手数料ですが、丸三証券(マルサントレード)では、これを無料にする方法があります。


丸三証券では、新規に口座開設をする人を対象に、口座開設後2ヶ月間は、売買回数、約定代金等の制限なく、無制限にタダで株式投資ができるようになっているのです。



…もう一度言います。


丸三証券では、口座開設後の2ヶ月間は、何百万円分の株を購入しようが、何百回株の売買を行おうが、一切手数料がかかりません。信じられないことに売買手数料が完全無料なのです!



これは、株式投資の初心者や株式投資に回せるお金が少ない方、そして、頻繁に取引を行うデイトレーダーにとってはメチャメチャ大きな特典です。


丸三証券は口座開設や口座管理の費用も無料なので、口座開設後2ヶ月間は、もう本当に、1円も払わずにタダで株式投資ができてしまします。




丸三証券は一口計算なので、取引回数が多い方はお得!

丸三証券では、「1口計算」を採用していて、同じ銘柄を同じ日に10回取引して合計の売買代金が100万円ならば、一口注文となり100万円の一取引として手数料計算します。


そのため手数料は10回合計で1,000円となり、取引1回当たりにすると100円の格安になります。



この一口計算は、運用資産が大きい方が一日の間に株を買い集める時にも役立ちます。


例えば、下のような感じで、一日の出来高が少ない銘柄をちょこちょこと買い集めたいと思った時、複数回の注文を出す形になりますので、手数料がかなりかかってしまいます。



・ 午前9時:株価900円になったので、100株指値注文
・ 午前11時:株価880円まで下がったので、さらに100株指値注文
・ 午後13時:株価875円まで下がったので、さらに100株指値注文
・ 午後15時:株価870円まで下がったので、さらに100株指値注文


※通常なら、この日一日で1,000円×4回=4,000円の手数料がかかる。



一方、一口計算の丸三証券なら、取引回数は4回だったが、この日の取引額は100万円以下だったので、1,000円の手数料しかかからない。


つまり、手数料を気にする必要がないので、1日の株価の動きを見ながら、ちょこちょこと指値注文を出して株を買い集めるということができます。




丸三証券では、リアルタイム更新株価ボードや投資情報が魅力!

丸三証券の投資情報などのサービス面では、ゴールデンチャート社提供のリアルタイム株価ボードが無料で利用できます。
参考:リアルタイム株価ボード 丸三証券


また、丸三証券には、日経新聞などの過去の新聞記事検索が可能な日経テレコン21 《丸三証券版》というサービスがありますので、取引に役立つ投資情報の収集にも事欠きません。



その他にも、丸三証券には下記のような特典があり、とても魅力的な証券会社となっています。


・ 日経会社情報の最新版を見ることができます。
・ 「株式新聞社ニュース」の企業情報、市況情報、市場の話題などの新着ニュースや「企業決算」などの情報が無料で見れます。




丸三証券の評価

丸三証券では、”新規口座開設後2ヶ月間、売買手数料が完全無料”というビックリするような特典があるので、こればっかりに目が行ってしまいますが、説明を読んでもらえばわかるように、投資情報の充実など、それ以外にも魅力的な点がいくつもあります。


ですから、”一日に何度も株の売買を行う方”にとっては、2ヶ月間の売買手数料無料の特典を抜きにしても十分に魅力的な証券会社なのです。




丸三証券の無料口座開設、無料資料請求はコチラからできます。




参考 : 丸三証券は、口座開設後2ヶ月間は売買手数料が無料!
    : 日本経済新聞(日経新聞)を無料で読む 日経テレコン21







ネット証券を選びの知識

ネット証券を徹底解説


ネットバンクの勧め


株の買い方・売り方


株式投資にかかる税金


ミニ株式入門


株主優待と株主配当


外国株式入門


用語の意味を知って儲ける


お勧めサイト一覧


当サイトについて
Copyright(C) 2016 証券会社比較 得するネット証券の選び方 All rights reserved.